美白へつながるサプリの成分とは?

美白に効果がある成分のイメージ

どんな製品、健康食品、医薬品であれ、成分表記などが義務付けられています。
そこを見れば、その製品がどんなものなのか判断できるのですが、例えばいきなり「トリプトファン・シンセターゼA」などと書いてあるのをみて、「ああ、あれね」と分かる人は専門家だけです。

あらゆる成分の効能などを知る必要はありませんが、美白へつながる成分がどんなものなのか知っておいても損はありません。
サプリを見て、これがどういった効果をもたらすか想像できれば、それに合わせて生活も整えられるからです。
そしてそれは相乗効果を生む事にもつながります。

それでは、ここで美白を目指しているサプリには、どのような成分が入っているのか紹介したいと思います。

美白サプリに入っている代表的な成分

ビタミンC・ビタミンC誘導体

最も代表的な美白成分が、ビタミンCまたはビタミンC誘導体です。
ビタミンCを壊れにくいように、化学修飾して強固性をUPしたのがビタミンC誘導体ですから、2つはほとんど同じものと考えておいても問題ありません。

メラニンは、メラノサイトという細胞が作成します。
その際に、チロシンをチロシナーゼによって段階的にメラニンへと変換させていくのですが、ビタミンCはそのチロシナーゼの働きを妨害します。

また、すでに定着したメラニンも還元する力があります。

L-システイン

働きは、ビタミンCとほぼ同じです。
チロシナーゼの活動を阻害します。ビタミンCのように、既にできたメラニンへと働きかける力はありませんが、代わりに皮膚の代謝を促す働きがあります。

ルシノール

こちらも、ビタミンCやシステインと同じような働きをする成分です。
チロシナーゼの活動を妨害します。カプセルタイプであったり、化粧品タイプであったり、形態はさまざまです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、ニンジンなどに入っているβ-カロテンの仲間です。
ビタミンCなどとは違い、紫外線そのものをブロックする働きがあります。

アスタキサンチンは、サプリメントの他にも、美白クリームなどにも採用されている成分です。
また、アスタキサンチンは、酸素を消費した際に発生する活性酸素に対抗する抗酸化作用に優れています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸も、ビタミンCやL-システインと並んで有名な美白成分の一つです。
元は止血のための医薬品に用いられていましたが、近年では美白のための薬としての存在感が大きいです。

トラネキサム酸になぜ美白効果があるのかは、はっきりとは分かっていないとも言われています。
血液を凝固させる物質をとかすプラスミンの働きを妨害するのがトラネキサム酸の働きですが、メラニンの抑制は認められませんし、未だ研究途上です。

仮説ですが、メラニンの生成を伝える情報伝達物質を止める力があるのではないかと言われています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、国によっては禁止されていることもあるくらいの強力な成分です。
チロシナーゼの作用の阻害と、メラニン細胞に直接働きかける力もあります。

マグノリグナン

少し特殊な成分で、チロシナーゼの生成自体をとめたりはしないのがマグノリナンです。
代わりに、チロシナーゼ自体の、成熟を止めてくれます。
チロシンが成長する為の環境を壊しているのです。

エラグ酸

ポリフェノールの一種で、チロシナーゼの活動を妨害してくれます。
抗菌作用・抗ウイルス作用もあるので、健康食品などの活躍も目立ちます。

他にも美白効果のあるものはたくさんありますが、これらが代表的な成分です。

成分の多さと効果の深さ

一般的にサプリメントは、成分が多ければ多いほど効果が高いと言われています。
鵜呑みにしてはいけませんが、的外れな訳ではありません。

例を挙げると、脂肪の吸収を抑える成分だけが入っているものと、脂肪の吸収を抑えて、さらに脂肪の燃焼を動かすものなら、後者の方がお得です。
ただ、サプリメントは成分を圧縮した食品ですから、色んな成分が入っているサプリメントは、値段が高くなりがちです。

しかし、3つか4つ程度の効果・目的のあるサプリメントなら、通常の値段で買える事もあります。
美白化粧品でいうと、いっしょに肌の保湿成分も入っていたり、冷え性を改善したりするものなどが挙げられます。

トータルサプリという概念

サプリメントを同時並行で大量に服用するのは、思っている以上に大変です。
飲み忘れも起こりがちですし、出張などで遠くに出かけた時は、もっていくのも大変です。
保管は適当にはできません。

最近は、複合的な効果をもつサプリメントも増えてきました。
サプリメント自体が世間に浸透してきた影響もあります。

もしも、サプリメントを服用するなら、ほんとうに必要な成分が入っているものを1つか2つ、続けていく事をおすすめします。

美白サプリであっても、健康サプリであっても、同時に服用するのは可能です。
そのようにサプリメントも作られています。

まとめ

美白へとつながるサプリメントの成分をご紹介しました。
サプリも効果的ですが、他にも日傘をさしたり、普段から日陰を歩いたりすることも必要な習慣です。

サプリメントも食品ですから、体質によって合う合わないが存在します。
皆さんもぜひ、効果を実感できるサプリメントをお求めください。

関連記事

美白サプリ・飲み薬のイメージ画像

話題の美白サプリ・シミに効く薬!口コミを交えたランキングで紹介!

イメージ画像

マスターホワイトの効果や成分について

外国人の美白の女性のイメージ

海外の美白サプリメントってどうなの?日本人にとって安全なの?

生薬のイメージ

シミだけでなく小じわにも効く医薬品「ロスミンローヤル」の効果と成分