美白の成分や効果の仕組みについて~中には危険な成分もある?~

悩む女性のイメージ

美白サプリメントや飲み薬の美白効果と一口に言っても、製品ごとに成分も効果も仕組みなども違います。
それらの微妙な違いが、体質に合う、合わないなどの理由になっているのでしょう。

また、サプリメントや薬の効果の出方というのは、個人差が少なからずあるものです。
(飲み方を間違えていたりすることもあるかもしれませんが。)

それでは、美白サプリや飲み薬の成分やその効果などについて見ていきましょう。

代表的な美白成分の例

美白サプリなどに含まれる代表的な美白成分をいくつか挙げると、
・ビタミンC
・L-システイン,L-シスチン
・アスタキサンチン
などがあります。

ビタミンCの美容関連の効果は有名で、メラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑える力があると言われています。
L-シスチンも、ビタミンCと同様の効果を発揮する事が期待できると言われています。
化粧品等などでよく採用されている、L-システインの分子が結合するとL-シスチンとなります。
また、アスタキサンチンは少し違っていて、抗酸化能力によって美白を促すと言われています。
アスタキサンチンはメラニン細胞自体の活動を抑えるとも言われています。

ビタミンCとL-システイン・L-シスチンについて

次に、ビタミンCとL-シスチン・L-システインは同じ効果のように見えるのに、なぜ一緒に配合されているのかについてです。
L-シスチンは、アミノ酸であるL-システインが結合したものです。
分子構造が壊れやすいので、人体にとってはL-システインと変わりがありません。
また、ビタミンとアミノ酸は違います。
アミノ酸は、タンパク質を構成するものです。
ビタミンCは、チロシナーゼの働きを抑制する効果のほかにも、コラーゲンの生成のサポートであったり、活性酸素を除去してくれたりします。
L-システインには、日焼け対策の他に、アセトアルデヒドの分解を手伝ったりもします。
サプリレベルではあまり影響はないのかもしれませんが、同じ物質を大量に消費したり分解したりするよりも、いろんな違う物質を分解した方が、身体への負担は小さかったり、パフォーマンスが大きかったりするという事もあるのかもしれません。
また、ビタミンCとシスチンには他の働きがあると前述をしましたが、言い換えるとメラニン細胞を対処する以外の仕事を、体から頼まれてしまう・使われてしまうことも意味しています。
そういった意味で、同じ効果のものでも数種類の成分が投入されるのでしょう。

ハイドロキノンの効果の強さと危うさについて

「ハイドロキノン」(hydroquinone・ヒドロキノンと表記される場合もあります)は、美白効果のある成分として有名ですので、先ほどの代表的な成分のところに挙げられなかったのを疑問に思っている方もいるかもしれません。
確かに、ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれる事もあり、高い美白効果、シミ消し効果を持っている成分ではあります。
ですが、同時に危険性も高い成分として知られており、実際に欧州ではその利用が禁止されている国もあります。
こういった成分や製品などは、その効果や安全性などを確かめるために、何度も実験が繰り返されるのですが、マウスを使った実験では、ハイドロキノンが投入されたマウスに、変異原が認められました。
変異原とは、遺伝子が突然変異を起こす頻度を増加させる物質などの事で、その性質を変異原性と呼びます。
そして、ハイドロキノンには、遺伝子を損傷させる力があり、発がん性があると言われています。
そのため、外用薬やクリームなど肌に塗るの形でしか使用されず、サプリメントや飲み薬などに配合される事はありません。
また、市販のハイドロキノン配合のクリームなどは、低濃度でしか配合されていませんので、比較的危険性も少なめになっています。
(もちろん、濃度が低いという事は、その分効果も下がる事になりますが。)
そして、高濃度のものは皮膚科医など、医師の監督の下でしか処方されません。
それに対して、ビタミンCやL-システイン、L-シスチンなどには、そこまでの危険性はありません。
(もちろん、過剰摂取など、間違った使い方をすれば危険な場合も少なからずあります。)

その他に美容成分も配合されている

どれだけ色が白くとも、カサついていたり、うるおいの無いお肌だと、いわゆるお肌の透明感は演出できません。
そのため、美白サプリメントなどには、肌の保水力を高める成分や、肌トラブルを改善する成分などが配合されている事もあります。
また、こちらは美白の効果とも関係しますが、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進してくれる成分も多くのサプリや薬に配合されています。
お肌のターンオーバーが促されると、メラニン色素の排出につながりますのでシミ改善や美白への効果もありますが、やはり、古くなった皮膚から新しい皮膚への生まれ変わりが促進されるわけですので、お肌の状態の改善にもつながるわけです。
その他では、ビタミンEが配合されている商品もあります。
ビタミンEにも抗酸化作用があり、さらには、ビタミンCによってビタミンEが再活性化する効果もあります。
ビタミンEは過酸化脂質を除去する働きがあるので、結果として老化を予防してくれるとも言われています。

関連記事

イメージ画像

おしゃれは着飾る前に身体とお肌から?

美白・シミ対策のサプリのイメージ画像

美白スキンケアと美白サプリのメリットとデメリット

美白のイメージ画像

美白サプリメントは美白スキンケアとの併用がおすすめ?

医薬品のイメージ

美容に効果のある医薬品について

美白になりたい女性のイメージ画像

憧れの白い肌!美白になる方法とは?

シミのイメージ画像

美白の大敵であるシミについて