美白の大敵であるシミについて

シミのイメージ画像

美白を目指して、美容のための努力を重ねていくごとに、憎たらしい敵となるお肌のシミです。
せっかく綺麗な白い肌を作り上げても、これではまるで真っ白のシーツにシミがついているかのように目立ってしまいます。
そして、生まれたシミは広がって、増えて、濃くなってしまう事もあるのです。

美容における天敵であるシミ

そもそも、シミとはどういうものなのか?
美白を目指している方の中には、自分で調べてみたり、または使用している美容品の説明である程度理解している方もいるでしょう。

シミとは、肌や目、髪などの生物における体色を作り出すメラニン色素が原因となるものなのです。
メラニン色素というと、美容にあまり興味の無い方でも聞いたことくらいはある単語ではないでしょうか?
メラニンまたはメラニン色素と呼称されます。

メラニン色素は動植物が有する、色素を生み出すメラノサイトで生成されます。
一部は別の細胞で生成しますが、人間はこのメラノサイトがメラニン色素を生み出して、シミとも密接に関わってくるのです。
このメラノサイトから生成されたメラニン色素はタンパク質と固く結合し、体色となります。

白・褐色・黄色といった肌の色、黒・茶・青・緑といった目の色、黒・茶・ブロンド・赤毛といった髪の色も、メラニン色素が結合した結果定着した色であり、老化と共に白髪になっていくのは、髪のメラニン色素が失われているということを示しています。
そして、遺伝的にメラニン色素を生成しない個体が生まれる事があり、それが一般的にアルビノと呼ばれる、真っ白の体色に赤い瞳が特徴の個体です。

日本人が一般的にイメージするのはうさぎですが、大方は白い体毛に赤い瞳をしています。
あれがアルビノ個体であり、遺伝的にそういう個体が生まれていて、それが一般的なイメージとして定着してしまっただけであり、実際は茶色や灰色の毛並みで黒や青の瞳をしているうさぎが一般的です。
見ているだけなら綺麗にも思えますが、アルビノ個体は共通して紫外線にとても弱く、皮膚がんになりやすいのです。

なぜ紫外線に弱いのか、それはメラニン色素が紫外線から身体を守る機能を持っているからなのです。

ここで美容のお話に戻りますが、美容に関して調べていると必ずといっていいほど紫外線に関する記述を目にします。
波長によってUVAやUVB、UVCといった種類に分けられる事もあり、一般的に肌に悪影響を及ぼすのはUVAやUVBです。

メラニンはこの紫外線を吸収する役割を持ち、太陽光と共に降り注ぐ紫外線の雨から身体を守っています。
いわば皮膚と体色が紫外線から体内を守る鎧をしての機能を持っているのです。

とはいえ、紫外線が完全に悪いものというわけではなく、紫外線は生物にとっても有用な作用があり、殺菌消毒、ビタミンDの合成、血行・新陳代謝の促進、皮膚の抵抗力を強化するなどといった効果があります。
太陽の光を浴びないと弱る、というのもこれらの作用が働かず、ビタミンDが不足したり血行・新陳代謝が停滞して倦怠感を感じるようになるのが原因です。

そして、逆に悪影響として紫外線はメラニン色素を生み出すメラノサイトに対して刺激を与えてしまいます。
刺激を与えられたメラノサイトは、黒色メラニンと呼ばれるシミの原因となる黒ずみを生成してしまい、それが皮膚の古い角質に付着することでシミと呼ばれる肌の黒ずみになるのです。

シミを作り出さないようにするためには?

シミができないようにする、原因は紫外線なのだから肌を隠すか外にでなければ良いというのは、言うのは簡単ですが現実的には難しい事です。
肌を全て覆い被せばいいですが、寒い季節ならまだしも夏場は非常に辛い事でしょう。
汗などで肌荒れを起こす可能性もありますし、無理をして熱中症などになっては元も子もありません。

また、外に出ないというのは社会的にどうかという前に、太陽の光は健康を維持するために必要です。
外に出ないから不健康なんだ、という言葉は根性論や精神論ではなく、科学的根拠に基づく事実であり、無理に出る必要はありませんが、しっかり日の光を浴びる必要があります。

ではどうすればいいのか?
そもそも、黒色メラニンが生成されなければ良いのです。

シミの原因は、メラノサイトが紫外線で刺激を受ける事が原因ですので、紫外線からメラノサイトが刺激を受けないように守り、かつ生成を抑え、そして生成されたものが体表に出ないようにして、既にあるシミは肌の新陳代謝を促すことで新しい皮膚と入れ替えることです。
これが最も確実なシミへの対策となります。

シミ対策に摂りたい成分

シミの対策に必要と言われている成分は、「L-システイン」と「アスコルビン酸」と呼ばれるものです。
この2つがメラノサイトから出る黒色メラニンが体表に出るのを防ぎ、かつ生成自体を抑え、L-システインが作用する事で角質に付着した黒色メラニンを排出、そして新陳代謝を促進させて皮膚を生まれ変わらせるのです。

こういった美白のために必要な成分を1回1錠で簡単に摂取できて、手軽にシミ対策ができるのが「キミエホワイトプラス」です。

これは、シミに必要な成分を豊富に含んでおり、かつ「パントテン酸カルシウム」が含まれている事で生まれ変わった肌の機能を正常に保つことができ、これを服用することで、スキンケアのシミ対策の手間を省き、美白や美肌のスキンケアに集中することができます。

シミ対策は、紫外線を避けるのではなく、シミを作り出さない事が大事です。

キミエホワイトプラスの詳細や口コミ・体験談については、こちらのページで紹介しています。
話題の美白サプリ・シミに効く薬!口コミを交えたランキングで紹介!

関連記事

様々なサプリメントのイメージ画像

市販のビタミン剤の美白効果などについて

美白になりたい女性のイメージ画像

憧れの白い肌!美白になる方法とは?

イメージ画像

おしゃれは着飾る前に身体とお肌から?

美白・シミ対策のサプリのイメージ画像

美白スキンケアと美白サプリのメリットとデメリット

美白のイメージ

美白美人が実践している4つの秘訣とは?

悩む女性のイメージ

美白の成分や効果の仕組みについて~中には危険な成分もある?~