シミだけでなく小じわにも効く医薬品「ロスミンローヤル」の効果と成分

生薬のイメージ

女性にとって、なかなか解決できない大きな悩みの一つがシミやシワの悩みでしょう。
その原因は、肌の潤い不足や老化というのは分かっていて、どうにか対策しようとしているのだけれど、寄る年波には勝てない…。
そんなふうには思っていませんか?

そんな女性の悩みを解決する商品が1つあります。
それは、女性医師の97.6%が飲み続けたいと答え、さらに国内唯一「小ジワ」に効くと飲み薬という、シミ・小ジワに飲んで効く医薬品であるロスミンローヤルです。

それでは、国内唯一というその効能には、一体どのような秘密が隠されているのでしょうか?
ここでは、ロスミンローヤルの成分や効果について紹介していきます。

多くの女性共通の肌の悩みである老化による小ジワ

特に何もしていなくても、若々しい肌を維持できていた頃が懐かしく思える年頃、若々しいお肌を維持するためにスキンケアの努力を続けているものの、小ジワなどはどうにもならない事もある、そのように悩んでいる女性もきっと多い事でしょう。

例えば、たとえ瑞々しい肌を持っていても、目元の小ジワだけで何歳も老けて見られてしまう事もあるでしょう。

そんな悩みを生み出す小ジワの原因は、肌の潤いの不足や、紫外線などによるお肌へのダメージの蓄積、お肌の老化などです。
そして、シワの対策のためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)による新しい肌への生まれ変わりを整える事が大切です。
また、それだけではなく、肌の新陳代謝を促進するだけではない効果も必要になってきます。

ロスミンローヤルとは?

成分の確認の前に、ロスミンローヤルについて軽くご紹介しましょう。
ロスミンローヤルとは、国内唯一「小ジワ」に効く医薬品という謳い文句で販売されている第3類医薬品です。
その起源は、40年ほど前に、薬剤師であり創業60年以上の歴史を持つ老舗製薬企業「米田薬品株式会社」の創業者である「米田俊一」という人物が、妻のために処方した薬です。
そして、現在ロスミンローヤルを限定販売しているアインファーマーシーズの交渉により、一般的に販売されることになったという歴史があります。

ロスミンローヤルは、しみ・小じわに対する効能だけでは無く、配合された成分の相乗効果により血行不良に起因する様々な女性特有の不調を改善して、さらに、豊富に含まれた栄養から、妊娠・搾乳期間中の栄養剤としての使用も効能の1つとして記載されています。

ロスミンローヤルの成分の概要について

ロスミンローヤルの成分を見てみると、そこには他の美容や美白に効果のあるサプリメントや医薬品などとは違う特別な成分が配合されています。
それが、9種類の生薬です。

生薬(しょうやく)とは、天然の薬効を持つ植物、動物、鉱物などを、特定の有効成分を精製する事なく、そのまま使用したり、乾燥などの簡単な加工を施したもので、主に体質の改善などを目的として使用する薬の事です。
ロスミンローヤルには、その生薬の下記の9種類が使われているのです。

・ハンゲ
・センキュウ
・ニンジン
・トウキ
・シャクヤク
・ソウジュツ
・ブクリョウ
・タクシャ
・ローヤルゼリー

これらの9種類の生薬成分によって、新陳代謝を促進して、体内や皮膚の水分を調整、血行促進にもつながり、小ジワへの効果や体調不良などの改善といった効果が期待できます。
それだけではなく、人体の健康に必須であるビタミン類(ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE)や、L-システインなどのアミノ酸といった13種類の有効成分も含まれており、それらがニキビといった肌のトラブルを改善する効果があり、シミに作用して、既にあるシミを薄くして、新たなシミの発生を抑制してくれます。

ロスミンローヤルのより詳細な成分情報

次に、ロスミンローヤル公式サイトに掲載されている配合されている成分や、その成分量を確認していきます。

●9種類の生薬成分
ローヤルゼリー50mg,トウキ末100mg,シャクヤク末200mg,ブクリョウ末150mg,ソウジュツ末150mg,タクシャ末100mg,センキュウ末100mg,ハンゲ末100mg,ニンジン末100mg

●13種類の有効成分
アスコルビン酸(ビタミンC)180mg,ビタミンE散(50%)50mg,チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)10mg,リボフラビン(ビタミンB2)10mg,ニコチン酸アミド30mg,パントテン酸カルシウム15mg,ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)5mg,シアノコバラミン(ビタミンB12)5μg,L-システイン160mg,DL-メチオニン100mg,カルニチン塩化物50mg ,安息香酸ナトリウムカフェイン100mg,グリチルリチン酸-アンモニウム10mg

そして、これらの成分から得られる効果・効能について以下のように記載されています。

● しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわ
● 肩こり、腰痛、神経痛
● のぼせ、目まい、みみなり
● 冷え症、手足の冷感、腰部冷感
● 妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給

 

ロスミンローヤルや、それ以外のシミに効く医薬品などの口コミについては、以下のページで紹介しています。
話題の美白サプリ・シミに効く薬!口コミを交えたランキングで紹介!

関連記事

外国人の美白の女性のイメージ

海外の美白サプリメントってどうなの?日本人にとって安全なの?

美白に効果がある成分のイメージ

美白へつながるサプリの成分とは?

イメージ画像

マスターホワイトの効果や成分について

美白サプリ・飲み薬のイメージ画像

話題の美白サプリ・シミに効く薬!口コミを交えたランキングで紹介!

疑問のイメージ画像

キミエホワイトプラスに副作用はあるの?