紫外線と肌の深い関係

日光を浴びる女性のイメージ画像

様々な肌トラブルの原因となる紫外線。
美白や美肌を目指している女性にとって、毎日の紫外線対策を欠かすことはできませんよね。

紫外線との戦いは季節や場所を問わず、生活をする上で避けることはできません。
絶対に負けられない戦いだからこそ、敵のこともよく理解して、戦いを効率よく進めていきましょう。
手間がかかると思われがちな紫外線対策ですが、紫外線と肌の深い関係を知っておくことで、毎日のスキンケアも少し楽になるかもしれませんよ。

2つの紫外線と日焼けの種類

皆さんご存知の通り、紫外線は太陽の光のなかに含まれている光線の一種です。
電磁波である太陽の光は、その波長の長さによって紫外線や赤外線、可視光線などに種類が分けられています。
波長が短いほど破壊力が強く害になりますが、届く距離も短くなるという特徴があるため、ほとんどの有害な光線は地球のオゾン層でカットされてしまいます。
そのオゾン層をすり抜けて、地上に多く降り注いでしまっているのがUV-AとUV-Bと呼ばれる2つの紫外線です。

UV-AとUV-Bは、日焼けの仕方に大きな違いがあります。
サンタンと呼ばれるシミやくすみの原因にもなる黒い日焼けはUV-Aによって引き起こされ、サンバーンと呼ばれるヒリヒリとする赤い日焼けはUV-Bによって引き起こされています。
UV-Aは比較的パワーはありませんが、肌の奥深くまで届いてしまうため、色素沈着を招きやすいという特徴があるのです。

日焼け止めなどに多く表示されているPAやSPFという指標も、このUV-AかUV-B、どちらに高い効果があるのかを示しているものになります。
PAはUV-A、SPFはUV-Bに対して高い防御効果があるため、自分が対策したい日焼けの種類や肌トラブルに合わせて、うまく使い分けるようにしましょう。

紫外線が引き起こす肌トラブル

紫外線による肌トラブルとしては、シミやくすみといった色素沈着が最も有名ですが、それ以外にも以下のようなトラブルを引き起こす可能性があります。

・アレルギーやアトピーの悪化
・肌荒れやニキビ
・シワやたるみなどの肌老化
・皮膚ガン

これらの症状は紫外線による刺激や乾燥が原因となっています。
日焼けやシミには悩んでいないという方でも、紫外線によって肌トラブルが発生している可能性があります。
蓄積されたダメージが加齢とともに現れるようになってくることも多いので、たとえ健康な肌状態でも紫外線対策はしておくようにしましょう。

紫外線にもメリットもある?

有害なイメージばかりが強い紫外線ですが、メリットもいくつかあります。
そのひとつが殺菌作用です。
肌へダメージを与える紫外線ですが、このパワーは細菌などに対しても有効で、布団や洗濯物の殺菌・消毒にも役立っています。

また、紫外線を浴びることによって体内でビタミンDの合成が活性化されるようになります。
ビタミンDはカルシウムの骨内状態を整え、骨や歯の健康を維持するためにも必要な栄養です。
日光浴が健康に良いとされているのも、この働きがあるためだと考えられています。

しかし、人は入浴や石鹸によっても身体を清潔に保つことができますし、ビタミンDも食事やサプリメントから十分に補給することができるため、お肌にとってはやはりデメリットの方が大きいと言えるかもしれません。
ただし、紫外線を含む太陽の光自体には人間の体内時計を調節したり、睡眠の質を高めてうつ病を予防するといった効果もあるため、適度に浴びることは健康のためにも必要とされています。

お肌を守る2つの層

紫外線によるダメージや外部から刺激を抑えるため、私たちの身体にはもともと防護機能が備わっています。
肌の上から日焼け止めなどによってダメージを抑えることはもちろん大切ですが、このもともと備わっている機能を強化していくことで、より紫外線に強い肌をつくることができるのです。

皮膚表面には表皮と真皮の2つの層があります。
表皮は角質などで構成されており、真皮はコラーゲンやエラスチンによって構成されています。
この2つの層は身体の部位によっても厚さに違いがあり、顔の部分は手足などと比べると薄くなっています。

そのため、必要のない刺激やダメージは与えないようにしてあげることが大切です。
洗顔の際に無理にこすったり、過剰なピーリングは肌の防護機能を低下させる原因となってしまします。

乾燥肌や敏感肌はダメージを受けやすい

乾燥肌や敏感肌の自覚のある方は多いのではないでしょうか。
乾燥肌は表面の水分が十分に足りていない状態のことで、敏感肌はそこにストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱調など様々な原因が加わることによってさらに肌が弱くなっている状態のことを言います。

紫外線からのダメージはもちろん、あらゆる刺激や衝撃によって肌トラブルが発生しやすい状態となっているため、肌の上からケアをしても効果をうまく発揮することができません。
まずは生活習慣や食事など、身体の内側から改善していくことを意識してみましょう。

関連記事

ビーチのイメージ画像

紫外線が強い季節と弱い季節~季節ごとの紫外線対策と気を付けたいポイント~

紫外線のイメージ画像

紫外線と日焼けについて

地球のイメージ画像

紫外線とはそもそも何?光の波長・エネルギー・メラニン色素などについて

紫外線のイメージ画像

紫外線量が多い時間帯などについて

強い日差しのイメージ画像

紫外線を予防できる生活習慣とは?