紫外線が強い季節と弱い季節~季節ごとの紫外線対策と気を付けたいポイント~

ビーチのイメージ画像

お肌の美白のため、シミ予防のためにも欠かせないのが紫外線対策です。
日焼け止めクリームや日傘など、紫外線の対策には様々な方法がありますが、できれば楽をしたいというのが多くの方の本音でしょう。

毎日の紫外線量は天候によって変わることはもちろん、季節ごとによっても大きな変化があります。
衣替えなどと同じように、季節に合わせた方法を選んで、効率的に紫外線の対策をしましょう。

種類によっても違う紫外線量の変化

季節別の紫外線量をチェックする前にまず、紫外線の2つの種類について確認しておきましょう。
太陽光線に含まれる紫外線は、その波長の長さによってUV-AとUV-Bに分けることができます。
(厳密には、UV-Cもありますが、これは通常、大気を通過する事ができず、地表には到達できません。)
それぞれの光線の届く距離や突破力には大きな違いがあり、1年通して変化が大きいとされているのがUV-Bと言われています。

もっとも紫外線が強い季節として知られているのが、7月や8月の夏の時期です。
日照時間が長く、気温ももっとも高い季節となります。
この時期のUV-Bの紫外線量はUV-Aを大きく上回り、ヒリヒリとした赤い日焼けを起こすようになりますが、冬になると5分の1ほどにまで減ると言われています。
逆に、UV-Aの紫外線量は比較的安定しており、少ない冬の時期でもピークの2分の1ほどです。
そのため、UV-Aに対しては1年中対策を取る必要があり、UV-Bは夏が近づくにしたがって対策を強化していくというのが、UV対策の基本となります。

 

季節ごとの紫外線対策と気を付けたいポイントなど

それでは、季節ごとの紫外線事情やその対策方法などの話に入っていきます。

春の紫外線対策

春といえば、ほどよい気候が続き、過ごしやすい季節です。
お花見などで、段々と外で行われるイベントなどの機会も増えてくる時季でもあります。
冬の紫外線量が少ない期間を経ているため、肌への蓄積ダメージが少なく、肌がもっとも白くなりやすい時期とも言われています。
この時期の肌色や肌質を守り続けることが、美白ケアの理想形と言えるのかもしれません。
美白ケアも必要ではありますが、保湿を優先させて、肌環境をしっかりと維持しておくことも大切かもしれません。

ただし、紫外線量が段々と増えてくるのも春の特徴であるため、注意が必要です。
(紫外線量は3月~4月にかけて大きく増え始めます。)
うっかり忘れたりすることがないように、しっかりと紫外線対策の準備を進めておきましょう。
お肌が白くなりやすいということは、メラニンの量も少なくなっているということなので、対策をしないまま急激に紫外線を浴びてしまうと大きなダメージとなってしまいます。
ですので、天気予報の紫外線情報などを毎朝チェックしておくのが理想的でしょう。

夏の紫外線対策

夏は本格的な紫外線対策が必要となる季節です。
月間の紫外線量は8月がピークとなりますが、意外と知られていないのが6月の紫外線量です。
6月は梅雨の時期であるため、一ヶ月の紫外線量自体は7月・8月よりも抑えられていますが、太陽高度が頂点を迎える夏至前後は紫外線がもっとも降り注ぎやすくなっているとも言われています。
雨が続く梅雨の時季で紫外線の事など意識から薄れがちですが、合間の晴れた日などは忘れずに紫外線に気をつけて、対策を取るようにしましょう。

紫外線量の増加とともに問題となるのが、夏の蒸し暑さです。
日焼け止めクリームも開発や研究が進められ、高い効果のある商品が多くなってきましたが、しっかりと塗ったつもりでも、汗をかくと効果が薄くなってしまいます。
重ね塗りや塗り直しは面倒くさいと思われるかもしれませんが、この時季さえ乗り切ってしまえば楽になります。
夏が終わった後で痛い目にあわないためにも、徹底した紫外線対策にこだわってみましょう。

強い日焼け止めが塗れなかったり、日焼けしやすいという肌質の方は、夜の美白ケアや保湿を念入りにおこなうようにしましょう。
1日のダメージをしっかりとカバーして、翌日に備えておくだけでも大きな違いがあります。
汗や蒸発によって肌の水分が失われやすい時季でもあるので、乾燥肌の自覚がある人は特に、保湿には気をつけるようにしましょう。

秋の紫外線対策

気候的には過ごしやすい季節で、春と近いイメージのある秋です。
ですが、紫外線とお肌の状態という観点で考えれば、大きく異なる部分もあります。

春は紫外線量が少ない冬の後ですから、ダメージの蓄積が少なく、皮膚の状態が良い季節であると言えます。
それに対して、秋は厳しい夏を乗り切った後ということもあり、ダメージが蓄積されてお肌が弱くなっている季節です。
そのため、まずはお肌の状態を回復させる事を優先させるようにしましょう。
乾燥させないように気をつけながら、肌の正常なターンオーバーを促していくことが大切です。
紫外線のピークは過ぎていますが、必ずしも紫外線量と気温は連動するものではないため、まだまだ対策が必要な日もあります。

冬の紫外線対策

1年間で最も紫外線量が少なくなるのが12月です。
服装的にも肌の露出が少なくなるので、紫外線対策が一番楽とも言える季節ですが、UV-Aへの対策だけは継続するようにしておいた方が良いでしょう。
日焼け対策という点では楽ですが、気温が低くなると同時に空気の乾燥が厳しくなるため、肌の保湿は欠かせません。
乳液などで肌をカバーして、保水力を高めておきましょう。
また、降雪の多い地域などでは雪の紫外線反射にも気をつける必要があります。
新雪の反射率は80%程度とも言われる高さで、反射された日光に注意が必要で、普段はダメージが少ない部分にも紫外線が届いてしまう可能性があります。
スキーなどといった冬のレジャーを楽しむ際は、紫外線対策が必要になってきます。

 

まとめ

以上、季節ごとの紫外線事情と、その対策方法などについてご紹介しました。
どの季節でも、一定程度の紫外線はあるわけですから、理想論を言えば、常に万全の紫外線対策をしておくのが理想的ではあります。

とはいえ、紫外線対策をするために生きているわけではありませんし、他にいくらでも時間や手間、気を使いたい事があるわけですから、ほとんどの人にとって、全ての季節に万全の紫外線対策をするなどという事は無理な話でしょう。

そこで、出来るだけ効率良く紫外線の対策をする必要があり、そのためにも、ここでご紹介したような季節ごとの紫外線の知識などが役に立つと思います。
無理なく、そして、効率良く、継続して紫外線の対策をして、お肌を健康的な状態に保つためにも、ここでご紹介した内容が少しでもお役に立てれば幸いです。

ただ、紫外線によるダメージを防ぐだけでは、シミを予防したり、お肌の状態が悪化する事を避ける事はできますが、既にあるシミなどを直接的に改善しようと思うなら、十分ではありません。
ですので、積極的にシミを改善したい、美白を目指したいという方には、美白サプリメントや飲み薬を活用するのもおすすめです。
美白サプリ・飲み薬に興味があるという方は、こちらのページもどうぞ。
美白サプリ・シミに効く薬を口コミを交えたランキングで紹介!

関連記事

日光を浴びる女性のイメージ画像

紫外線と肌の深い関係

強い日差しのイメージ画像

紫外線を予防できる生活習慣とは?

地球のイメージ画像

紫外線とはそもそも何?光の波長・エネルギー・メラニン色素などについて

紫外線のイメージ画像

紫外線量が多い時間帯などについて

紫外線のイメージ画像

紫外線と日焼けについて