紫外線を予防できる生活習慣とは?

強い日差しのイメージ画像

突然ですが、オーストラリアは日本よりも紫外線が強い国で、オーストラリアは皮膚がん大国です。
同国のがん患者の8割以上を皮膚がん患者で占めているとも言われています。

先ほどの通り、オーストラリアは日本よりも紫外線が強く、そして、オーストラリアの住民の過半数を占めるヨーロッパ系の白色人種は、肌が元々白い人が多いです。
特にイギリス系やアイルランド系の人間は肌が白く、元々日射しの強い国で生きられるようにはできていません。

それに、日焼けに対する無防備さも皮膚がんの蔓延に一役買っているとも言われています。

日本も他人ごとではない?

日本では、およそ毎年1万人から1万5千人程度の新規の皮膚がん患者が現れます。
臓器と違って異常が見つけやすく(初期症状として代表的なのは、黒い斑点です。)、切り取ればそれば対処法となるので死亡率は高くありませんが、発症しないのが一番です。

皮膚がんは、紫外線の蓄積によって発症するがんなので、発病年齢は高めですが、10才より下の、細胞分裂が盛んな時期に紫外線を多く浴びると、後々になって皮膚がんに罹る可能性が高まることも知られています。

紫外線の対策は幼少期から

真っ黒に日焼けした子どもは、健康の象徴ではありません。
もちろん、たまに海に行って焼けるくらいのことはあっても良いです。
戸外で体を使って遊ぶことは、思い出になりますし、健康にも好影響です。

ただ、普段から帽子を被らた方がいいのも事実です。
日焼け止めは、できれば赤ちゃんから塗っていくのがベストですが、難しければ日除けのしっかりしたベビーカーで、日陰を歩いていく事を徹底するのが望ましいです。

長袖と長ズボンは基本

熱くとも、長袖と長ズボンは基本です。
紫外線を最も遮断できるのは、ポリエステルやナイロンなどの化学素材ですが、なければ天然繊維の長袖でも構いません。

色は薄い物より濃いものの方が好ましいです。
熱はこもりますが、紫外線はカットしてくれます。
ベストは黒色でしょう。

そして、生地が薄いものよりは厚いものの方が、紫外線の透過率は低くなります。

雨の日でも冬でも紫外線予防

雨の日であっても、晴れの日の30%程度の紫外線は出ています。
曇りならおよそ晴れの日の半分程度です。
そして、冬の紫外線量は夏のおよそ1/3です。

しかし、冬は肌が乾燥する季節で、油分や水分などの肌の保護機能がうまく働かない時期です。
それに紫外線対策も怠りがちです。

サングラス着用の紫外線防止の効果

日本人はサングラスをあまりかけたがらない人も多いかもしれませんが、サングラスも紫外線対策になります。
ただ、サングラスをかけることに心理的な抵抗があったり、社会的に難しい場合は、UVカットの伊達メガネなどをかけましょう。

肌は紫外線を浴びると、それから体を守ろうとメラニン細胞から色素を作出します。
黒色は、紫外線をカットしてくれるからです。

肌が勝手に反応して色素を定着させるのではありません。
あくまでも脳の指令があり、そこからメラニンの生成が始まります。

サングラスをかけて、目に入る紫外線をカットすることは、メラニンを作る指令を出させない効果があります。
100%ではありませんが、確実に効果はあります。

美白にいたる食習慣

食べ物によっては、日焼けを促進したりします。
代表的なのはきゅうりです。
ソラレンという成分は、光による刺激を過敏化させてしまいます。
光をあびてかゆいときは、何時間か前に食べた食べ物を思い出してください。

きゅうりのほかにも。キウイ、オレンジ、レモン、パセリもまたソラレンを含む食べ物です。

他にも光毒性を発揮する成分として有名なのが、フロクマリンです。
1970年代ころまでは、フロクマリンの毒性があまり知れ渡っておらず、フロクマリンが不本意に配合された化粧品の影響で、肌にシミなどがでてしまったことがあります。

フロクマリンはソラレンとほぼ同じ構造をしていて、ベルガモットなどに顕著な含有が確認されています。
アロマオイルや精油、エッセンシャルオイルに含まれているので、これらを体に塗った後、日光を浴びることは自殺行為です。
日焼けだけではすまず、重篤な火傷なども負います。

室内であっても紫外線は降り注いでいる?

室内であっても安心はできません。
ガラス越しの日光は、直射日光のおよそ半分の紫外線量を有しています。
蛍光灯などの室内灯は、日光のおよそ0.1%程度の紫外線なので、無視してもらって構いません。

ただ、窓際に近寄らない生活は難しいと思いますので、UVカット加工などを窓に施すことを望ましいでしょう。
基本的にはフィルムを使い、窓の大きさによって違いますが、大窓なら6000円、小さい窓なら1000円~2000円程度です。

最近では、カーテンでもUVカット加工が施されたものが登場しています。
3000円程度でも購入できます。
どちらも特殊な施工を必要しないので、まずは導入して見ましょう。

まとめ

紫外線も、まったく浴びない生活よりは浴びる生活の方がいいのは確かです。
しかし、人間が日光をあびるべき時間は一日あたり15分とも言われていますので、日常生活で事足りています。

食べ物や服などでも対策出来ますし、この頃は優秀なサプリメントなども販売されています。
紫外線を対策して、健康に、そしてキレイになりましょう。

関連記事

日光を浴びる女性のイメージ画像

紫外線と肌の深い関係

紫外線のイメージ画像

紫外線と日焼けについて

地球のイメージ画像

紫外線とはそもそも何?光の波長・エネルギー・メラニン色素などについて

紫外線のイメージ画像

紫外線量が多い時間帯などについて

ビーチのイメージ画像

紫外線が強い季節と弱い季節~季節ごとの紫外線対策と気を付けたいポイント~